東京都内・関東のおすすめパーソナルトレーニングジム紹介サイト

Feature

特集

地域別パーソナルトレーニングジム紹介などの特集です。

プロテインについて

当サイトで紹介をしているパーソナルトレーニングジムでも、トレーニングの期間中などプロテインの摂取を推奨している所が数多くあります。
プロテインと聞くと、「ボディビルダーの人が飲んでいる、筋肉を大きくしてムキムキになるための物」だと思っている方が多くいるかも知れませんが、実はプロテインを飲んだだけでは、筋肉が大きくなったりする事はありません。

それでは、プロテインとは一体何なのでしょうか?

プロテインとは?

プロテインとは、人間が生きていくために欠かせないエネルギー源となる三大栄養素(「たんぱく質」「脂質」「糖質(炭水化物)」)の「たんぱく質」の事です。

たんぱく質はご存じの方も多いと思いますが、肉や魚、乳製品などにも含まれていて、普段の食事からでも普通に摂取する事ができ、筋肉や皮膚、髪の毛や血管、爪など人間の身体を構成する重要な栄養素です。
つまり「プロテイン=筋肉を大きくしてムキムキのマッチョになる物」ではなく、あくまで「プロテイン=身体にとって必要な栄養素となるたんぱく質」なのです。

余談になりますが、お肌に良いといわれているコラーゲンも実はたんぱく質の一種となるため、プロテインの摂取をお薦めしているエステなどもあります。

プロテインの種類

プロテイン(たんぱく質)の種類として、主に動物性たんぱく質の「ホエイプロテイン」と「カゼインプロテイン」、植物性たんぱく質の「ソイプロテイン」が一般的となっています。

  • ホエイプロテイン:牛乳から抽出されるホエイたんぱく(乳清)が原料となっており、身体に素早く吸収されやすく、筋肉のエネルギー源となるBCAA(分岐鎖アミノ酸)が豊富に含まれており、筋肉増強に効果的
  • カゼインプロテイン:牛乳に含まれるカゼインたんぱくが原料、身体に吸収されるスピードがゆっくりで継続的に少しずつたんぱく質を補給でき、就寝時やトレーニングをしない休息日のたんぱく質補給におすすめ
  • ソイプロテイン: 大豆が原料となり、身体に吸収されるスピードはゆっくりのため、長時間効果が続くのに加え、血中コレステロール値の低下や基礎代謝の活性化などたんぱく質摂取以外の効果も期待できる

その他にも卵を原料とする「エッグプロテイン」、お米が原料となっている「ライスプロテイン」、各プロテインを混ぜ合わせた「混合プロテイン」などもあります。

プロテインの活用

例えば、筋肉をつけようとする場合には筋肉トレーニングを行ないますよね?

筋肉トレーニングををすると、筋繊維が傷つきます。
しかし、傷ついた筋繊維は回復・修復をしていき、その際に今よりももっと強い筋繊維を作ろうと体が作用し、これを繰り返す事によって筋肉が次第につき、大きく増強していきます。
そして、筋肉を回復・修復する際に重要になってくるのがたんぱく質なのです(筋肉は水分を除くとほぼたんぱく質で構成されているため)。

激しいトレーニングやスポーツを行なう人の場合、1日のたんぱく質の理想的な摂取量は「自体重×1.5~2倍程度」といわれており、仮に体重60kgの人の場合、1日90g~120gのたんぱく質を摂取するのが良いという事になります。
仮に90gのたんぱく質を食事からだけで摂取しようとすると

  • 食事を多く食べないといけない(たまご15個でたんぱく質約90g)
  • たんぱく質以外の余分な糖質や脂肪まで摂取してしまう
  • 食事から摂取したたんぱく質は吸収までに時間がかかる

上記の事から、食事だけでたんぱく質を必要量摂取するのはとても大変です。そこで、効率よくたんぱく質を摂取できるのがプロテインです。
プロテインはたんぱく質を手軽に摂取することができ、余分な脂質・糖質を摂取してしまわないようにすることができるのです。

また、ダイエットの食事制限時のプロテイン摂取も効果的だと言われています。

食事制限をすると身体に必要なたんぱく質が不足して筋肉が衰えてしまい、基礎代謝(何もしなくても生命維持のために必要なエネルギー消費)が悪くなってしまう可能性があります。
「基礎代謝が悪くなる=痩せにくくなってしまう」という事なので、なるべく筋肉量を減らさず基礎代謝が落ちないように、筋肉に必要なエネルギー源となるたんぱく質を摂取するために、プロテインは非常に有効なのです。

まとめ

今回はプロテインについてご紹介いたしました。

ちなみに当サイト運営者の私も、毎朝とトレーニング後にいつもプロテインを飲んでいます。
自分が飲んでるのはリアルスタイル社、「ビーレジェンド」のホエイプロテインですが、価格が非常に安く風味も色々あってどれも美味しいです。

まだプロテインを飲んだ事が無い方や、プロテインを買おうと思ってるけどどれが良いのか迷っている方には是非おすすめです!(ベリベリベリー風味と、一杯飲んどコーラ風味、キャラメル珈琲風味は特におすすめ)

プロテインを過剰摂取すると、健康に悪影響が出る可能性がございます。食事からのたんぱく質量を考慮しながら適切な量を摂取しましょう。

腎機能、肝機能が低下している方はプロテインを摂取する前に医師に相談してください。

特集記事一覧へ

関連情報

パーソナルトレーニングジム紹介

東京都内・関東のおすすめパーソナルトレーニングジムを紹介します。

料金が安いパーソナルトレーニングジムまとめ

東京都内・関東の料金が安いパーソナルトレーニングジムでをまとめてご紹介。

女性におすすめのパーソナルトレーニングジムまとめ

女性限定や女性専用のコースがあるパーソナルトレーニングジムをまとめてご紹介。

東京都内のおすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

東京都内のおすすめパーソナルトレーニングジムをまとめてご紹介。